医薬分業により薬剤師は今後どうなる?

医薬分業により薬剤師は今後どうなるかについての基礎知識をご紹介!


医薬分業により薬剤師は今後どうなる?

医薬分業の進歩に伴い、薬剤師に置かれている現状と派、今のところ、就業もしくは、待遇等の面で、追い風が吹いている、という事がいえます。 しかしながら、薬剤師の現状は、そうだとしても、薬剤師の将来を考えると、また別の見解が出てきますが、今のところ、医薬分業の進展や薬剤師の不足に伴い、薬剤師にとっては、良い状態であるという事が、言えると思います。

そもそも薬剤師の現状を考える限り、最も薬剤師に影響を与えているというのが、医薬分業の進歩です。 又、この医薬分業がきっかけとなったのは、処方箋料が、従来の5倍になった年があり、それにより、医薬分業が開始されたと言えるのです。 この当時、各種の医薬分業の事業を推進することにより、処方箋率自体、徐々に伸びましたが、全国平均の処方箋受け取り率というのは、1900年代に1%未満だったのが、なんと2000年ごろには、50%を突破し、尚且つそれから数年後には、60%近くにまで上がった事から、処方箋率の上昇だけでなく、医薬分業により薬剤師自体の業務も変化し、調剤メイン野薬剤師職が、患者に対する、服薬指導等も行い、尚且つ薬歴管理等も行い、薬剤情報提供自体にも点数などが、与えられるようになりました。

そんな、様々な進歩を遂げた医薬分業ですが、医薬分業率のランキングを見てみると、一番利率が高いのが秋田県で、続いて佐賀県、神奈川県等があげられます。 他にも人が他県、宮城県などがあげられ、ランキング形式で見た場合、その分業率の順位で、東京都は、6位という事になっています。

医薬分業率のベスト1が、秋田県となり、最下位は、北海道と岩手県の64%という事になります。

こうした分業率のランキングはさておき、医薬分業の進展は、薬局の増加等にも拍車をかけた事となり、処方箋を受ける薬局等は、病院、診療所の前に次々と開業腐れていきました。 こうして医薬分業の進歩と共に、薬局も実に増えていったことになりますが、現状として、薬局における薬剤師が1日受付できる処方箋は40枚と定められており、処方箋をそれ以上枚数行う事により、その都度、薬剤師の常駐が原則となるわけです。

実際、このような状況で薬局は増えているのは確かですが、実際薬剤師もふえている事もあげられるわけですが、実のところ、今のところ、薬局の数の方が、薬剤師人口より上回り、薬剤師の不足問題が、実は薬局経営者の大きな問題となっている、という事もいえるのです。 しかしながら、薬剤師も徐々に増える事となりますから、将来的には、どのような現状に至るかは、今のところ、何とも言えない、というのが正直な見解です。

ブランク明けの薬剤師さんを徹底サポート!復職に役立つ転職サイト